芸能、スポーツ、政治、経済、読書。 いろんなことに興味があります。 気になるニュースを書き留めます。

■キレイでい続けましょう!

「オーラスキン プロバイオ 4GF」世界初!ノーベル賞受賞成分配合! オーラスキンから究極のエイジケアクリーム新登場!!【UsualStyle】

幸福の科学の悪意の離婚記事
週刊新潮、週刊文春によると
大川隆法氏が妻に訴えら1億円の損害賠償を求められています。
なんだかよくわかりません。
とりあえず公式サイトで調べてみたら意外な事実が。
【送料無料】宗教選択の時代

大川きょう子氏の週刊誌報道について
広報担当局長 里村英一
 様々なメディアで総裁と当会への誹謗を続けている、大川きょう子氏が、
今週も「週刊新潮」、「週刊文春」3月3日号において三宝誹謗を繰り返しました。
同氏に対しては教団として三宝帰依違反、和合僧破壊の罪、さらに様々の名誉毀損、
虚偽の風説の流布、そして何よりも信仰の対象である主エル・カンターレを汚した行為、
あるいは、霊言、霊示への愚ろう行為、そして神聖な霊言に名誉毀損なる言いがかりをつけた行為などで、
教団から永久追放の懲戒処分(除名)となりました。

 きょう子氏の真実の過去世は「裏切りのユダ

 今回、エドガー・ケイシー霊のリーディングによって、
大川きょう子氏の過去世は文殊やアフロディーテ、ナイチンゲールではないことが分かった上に、
イエスを売った裏切りのユダであったという、衝撃の事実が明らかになりました。
このようなきょう子氏が「週刊新潮」や「週刊文春」で語る総裁や教団の姿は、
著しく偏ったものであり、虚偽の事実に彩られたものとなっています。
この記事に関しては、広報局としても、きょう子氏本人に厳正なる抗議をし法的対応を行うとともに、
週刊誌に対しても対応してまいります。
このような悪意ある虚偽の羅列である今回の記事について、
いちいち間違いを指摘する必要もありませんが、
あえて両誌の記事の主要論点に触れて、
このきょう子氏の主張がいかに偏ったものであるかの一端を示しておきたいと思います。

 きょう子氏の嫉妬心が創り出した「女性問題」

 「週刊文春」の記事に関しては、
大川隆法総裁が「寵愛した7名の女性」がいたというものですが、
この7名は秘書業務を務めていた者であり、寵愛されたなどの事実はありません。
特に、そのうちの4人に過去世の妻として、総裁が「特別な法名を与えました」と記事にありますが、
事実無根であり、総裁はもちろん、この記事で取り上げられた女性たちを愚ろうし、
その人権を踏みにじるものと言わざるをえません。
記事の中では、総裁から「信じられない言葉をかけられ」て辞めた女性秘書がいるとの記述がありますが、
この言葉をなげかけたのは総裁ではなく、きょう子氏本人であることが明らかになっています。
 また、「総裁秘書チームが機能しなかったため解散した」と記事にありますが、
解散させたのは、嫉妬で邪推したきょう子氏その人です。
さらに過去世の認定を「ラブコール」と称してみたり、
過去世の妻というのは教団内で「総裁の愛人のように見られる」など、
記事には誤謬と言いがかりのような言葉が並んでいます。
そもそも、大川総裁の過去世に夫人であったことが霊言などで明らかにされている人の中には、
男性もいればご家族もいます。
どうしてそれで「愛人のように見られる」ことがあり得ましょうか。
 このように、きょう子氏が何度も言っている、
総裁の「女性問題」なるものは全く根拠のないものであり、
これについて、大川総裁は、『大川隆法・家庭と伝道を語る』のインタビューの中で、
家事ができなかったきょう子氏が、男性・女性秘書を家庭内に入れ、
そしてそれをきょう子氏が「女性問題」と称していることが指摘されています。
つまり、女性問題なるものは、嫉妬心と独占欲に満ちたきょう子氏がつくりあげた妄想以外の何物でもないのです。
(適宜改行しています)



宗教法人幸福の科学
宗教法人 幸福の科学 公式ホームページ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20110224-00000137-jij-soci

関連タグ : 幸福の科学, 離婚, 大川隆法, 大川きょう子, ユダ,