煎茶道具 亀文堂正平造蜻蛉刻梅花文金銀象嵌嵌提手銀摘鉄瓶共箱

ここでは、「煎茶道具 亀文堂正平造蜻蛉刻梅花文金銀象嵌嵌提手銀摘鉄瓶共箱」 に関する記事を紹介しています。
煎茶道具 亀文堂正平造蜻蛉刻梅花文金銀象嵌嵌提手銀摘鉄瓶共箱

煎茶道具 亀文堂正平造蜻蛉刻梅花文金銀象嵌嵌提手銀摘鉄瓶共箱

>>この商品の入手に関する詳しい情報はこちら<<
高:約21・5cm。共箱の貴重な作品です。「日本亀文」の文字が中央に寄った初期的角印、底は家拙日本琵琶湖之東の底款。摘みは梅と松葉の毛彫り。摘み下の銀の台部分も四君子の毛彫り。銅の持手は古木を模り金銀象嵌入りの梅の花です。胴側面は蕨(わらび)に蜻蛉、タンポポに蝶の大変珍しい図案です。水漏れもありません。大変貴重な亀文堂正平の作品です。主観ですが状態も良いと思います。状態は画像参照でお願いします。よろしくお願いします。











>>詳しい情報はこちら<<