【いまど】特別出品【金龍堂造】口銀巻金銀象嵌古代文土器式鉄瓶

ここでは、「【いまど】特別出品【金龍堂造】口銀巻金銀象嵌古代文土器式鉄瓶」 に関する記事を紹介しています。
新品
【いまど】特別出品【金龍堂造】口銀巻金銀象嵌古代文土器式鉄瓶

【いまど】特別出品【金龍堂造】口銀巻金銀象嵌古代文土器式鉄瓶

>>この商品の入手に関する詳しい情報はこちら<<
特別出品と致しまして【金龍堂造】口銀巻持手金銀象嵌古代文土器式形三足鉄瓶を出品致します。 贅の極みを凝らした鉄瓶で、表面の持手は草花や蝶を金銀象嵌にて仕上げ、裏面の持手は銀粒象嵌に金象嵌を施してあります。 口部は贅沢な厚みのある時代の銀巻きで、胴や蓋も大きさの割にズッシリとした重みがあり、摘みも蕾形の銀摘みで、口部・摘み共に大変作の良い仕上がりです。 胴のフォルムは三足土器式形でまるで土で練り成形したかの様なネットリとした素晴らしい肌合いで土物かと見間違う程の技巧で意匠された土器式形の鉄瓶です。 地紋のデザインは陽刻漢字で【雲】陰刻古代文字で【雲】と大変厚みのある彫りで両技法を使い表現しております。 正に名品鉄瓶・鉄壺です! 胴部の印は中国宋史の【氷壺秋月】の印 -------------------------------------------------------- 心が明るく清らかな事のたとえ。 「氷壺」は氷の入った白玉の壺のことで「秋月」は秋の月、
ともに清らかで明るい事から、心の清明さをたとえたもの 。 -------------------------------------------------------- 正に煎茶を楽しむ為に制作されたと言っても過言ではない贅の極みを凝らした金龍堂造の口銀巻金銀象嵌古代文土器式鉄瓶です。
ヤフオク広しと言えどここまでの煎茶向きな鉄瓶は早々御目にかかれません。
多数の入札が予想されますが是非御落札し、この名品鉄瓶・鉄壺コレクションに加えてみては如何でしょうか。
底の状態も良く水漏れ等無く大変良いコンディションです。
尚、大きさも大変使いやすい大きさの鉄瓶ですので多数の御入札宜しくお願いします。   ※この度は秋の特別出品の週間としまして煎茶道具の優品を随時出品して参りますので御閲覧・御落札御願いいたします※   【寸法】各最大幅
高さ 持ち手まで 19㎝
高さ 摘みまで  10.5㎝
幅口先まで    17㎝
胴幅       15㎝

>>詳しい情報はこちら<<